プロファイリング歌人



怖いけど ひさしぶりに 日記、かいてみようかな。

2016年が過ぎて、2017年になった。

去年は どんな1年だったかな。

振り返る その時々で、印象も変わるんだろうな。

今年は どんな1年にしようかな。



最近 嬉しかったことは 

去年の年末に

「キリンの子をよむ会」をしてもらったこと。



やっと あの子(キリンの子)に

「君は生まれてきて よかったんだよ。」

「生まれてくれて ありがとう、おめでとう。」

って 言える。

刊行から1年近く経て、やっと 

やっと、本当に 心から 言ってあげられるんだな。と 思った。



あの子も 私も

去年は 

たくさん愛されて たくさん妬まれて

たくさん傷つけられて たくさん励ましてもらった。



色々あった1年だった(台湾やフランスにも行ったし)

今の気持ちは(気持ちなんて刻々と変わるけど)

今年は 生きている歌人と もっと会いたいな。と思う。



私のことを 嫌いなひととは 仲良くならなくて よくて



私のことを もし、受け入れてくれる人がいるなら

私は 短歌も 歌人も 好きだから

その人に 会いたいし 話したいな と思う。



私の作風を 普遍性がある、とか クラシカルな雰囲気 と言ってもらうことがある。

たぶん それは

昔の歌集を よく読むから かも。


現代の歌集も 読むけど

でも じつは

生きている人は ちょっと 怖かった。



人間関係は煩わしいし 難しい

上品な社交の世界も 結局は学歴とコネの権力図とかも

自分は 到底 向いてない気がする。

だから きっと 出世できないと思う。



私に親切にしてくれたところで

何らメリットは ないけど

それでも 親切にしてくれた 先輩(歌人)に

心からの感謝と 尊敬を。


(具体的な名前を出すと

「○○さんの名前は出ていて 自分は出ていない」とか

そういうことになっちゃって 誰かを傷つけてしまうのが 怖いから

言わないけど)


とにかく



私なんかに 親切にしてくれるなんて

その人は 相当 器が広いんだと思う。

そういう きわめて稀な、 器の広い人とだけ 付き合っていこうと思う。



色々あっても

なんやかんやで 短歌が好きだし

相変わらず、私にとって 歌人は 憧れの人。



それは 短歌自体の魅力に惚れてしまったから でもあるし

親切にしてくれた先輩や

格好良い歌人の背中を見てたら

簡単に きらいには なれない。




「キリンの子をよむ会」の時に

来てくれたパネリストの歌人たち、格好よかったな‥。

会場に お越しくださった方も 

派遣社員 弁護士 画家 プログラマー 俳人 子供 占い師 無職‥ 等々

十人十色な方々と 同じ空間で過ごせて 

とても 嬉しかった。



変なたとえで 申し訳ないけど

プロファイリングみたいだった。



歌人は やっぱ、短歌詳しい。

世界一 短歌に詳しいのは 歌人だろうな。と思った。

彼奴らは、特殊能力者だった。



たった 31音の 文字記号の羅列から、

犯人(作者)が

一体、どんな人物で(普段どんな本を読んでいて、どんな本は読んでいないのか、普段どんなことを考えているか等)

いかなる時、(高揚していたのか冷静だったのか、感情的だったのか計画的だったのか、興奮状態を装った計算なのか等)

いかなる状況下で、(過去の回想ならば、懐かしく思い出しているのか、過去にタイムスリップして"今現在"その場を目撃している感じなのか等)

どのような思想、どのような思惑のもと

このような歌を 作ったのか?

‥ そういうことを 1首ずつ(!) 言い当てていく。

たった1文字からでも、作者の痕跡を 逃さない。





私は 2時間 ただ ひたすら、じっと 言い当てられていていた。

「作者は この歌をつくった時、このような心理状態だったと思われます。」

たった一文字、たった一行から

こんなに 読み解いて 見透かされるものなのだなぁ、と思った。

物凄く良く当たる 占いのお店に来たみたいだった。

「最初、作者は こう作った。しかし、考え直し、脳内にある2つのイメージのうち1つを捨てることにした。」

行間をよむとか もう、そんなレベルじゃなかった。

完全に "文字" の向こう側の話をしていた。

スピリチュアルなことは わからないけど

この人たちなら、私の前世とか 守護霊とか 

ひょっとしたら そういうものまで 言い当てられるのではないか、

いいやきっと 言い当てられるにちがいない、と思えた。



***

ひさしぶりに 日記を書いてみたけど、熱があがってきたので 今日は ここまで。

(つづきがあるとは 限らない。)

とにかく

歌人 格好よかった。

***


今年も よろしくね。

きっと 今が 一番しあわせ。

仮にもし この先、下降するだけの人生だったとしても

生まれてきたことに感謝するよ。

みんな ありがとう。

ほんとうに、 みんな ありがとう。






[PR]
by toriitorii | 2017-01-04 08:23
<< セーラー服の理由 踊れ >>